ラーメン

【食レポ】麺屋とがし 龍冴で「旨辛豚そば」を実食!感想紹介

お昼もすぎ2時に差し掛かったところ、その日はまだ昼食はおろか何も食べていなかったので少しガッツリとしたラーメンが食べたくなりました。家系でも良かったんですが、数日前に食べたばかりだったので今回は二郎系を食べることに。

ただ、一番町の方へ行く時間も気力もなかったので、駅近の麺屋とがし 龍冴へ行き、「旨辛豚そば」を食べてきました。今回の記事は、旨辛豚そばの食レポ記事となります。

【麺屋とがし 龍冴】旨辛豚そば食レポ!

麺屋とがし 龍冴は昼営業が14時30分で終わるので、少し駆け足で入店。

食券機の前で少し悩みましたが、今回は「旨辛豚そば」を注文することにしました。豚そば系列は結構人気メニューで、麺屋とがし 龍冴に来店すると必ず誰かが注文している気がします。

旨辛豚そばは、麺の量を中盛・大盛・特盛、辛さを小辛・中辛・大辛、ニンニクの量をなし・少なめ・普通・多めから選べます。

今回のオーダーは「大盛・大辛・少なめ」。ただし、ニンニクではなく生姜に変更しました。麺屋とがし 龍冴では、食券を渡してオーダーをする際にニンニクを生姜に変更することが可能です。もし、これから誰かに会う予定がある人やニンニクに抵抗がある人は、生姜変更をおすすめします。

約10分で着丼

着席してから約10分ほどで旨辛豚そばが出来上がりました。

スタッフさんの「豚そば麺あがります」と言う声を聞くと、そろそろ自分のが出来上がるかなと目安になるのが良いですね。

そして大変申し訳ありません。旨辛豚そば、写真撮影を失敗しました…。

ブレブレの写真となってしまいました。撮影時に確認すれば良かったと反省。

ボリュームたっぷりの様々な具材

旨辛豚そばは二郎系ラーメンに分類されるためか、たっぷりの野菜(もやしとキャベツ)が麺の上にドサっと乗っかっています。

そしてその上に輪切りされた青ネギ、唐辛子の粉末、少し炙られた分厚いホロホロチャーシューが1枚。

麺屋とがし 龍冴では、甘辛く炒められた豚バラ肉がトッピングされています。この豚バラ肉はチャーシューと違った味付けで、旨辛豚そばの野菜と相性バッチリとなっています。唐辛子と絡めるとピリッとしてさらに美味しい!

オーダートッピングの生姜少なめ。少なめと言えど、スプーンでひとすくいした程の量は乗っています。

スープに溶かすと、フワッと生姜の香りが辛いスープにも消されずに鼻に抜けていきます。ニンニクトッピングも良いですが、個人的には生姜と旨辛スープの相性が抜群だと思っています。

ボキボキの麺とスープの相性抜群

麺屋とがし 龍冴では麺が何種類か用意されており、旨辛豚そばで使われている麺は太めのストレート麺。

茹で加減やや硬めで、ボキボキの食感を楽しむことができます。スープ自体がややドロ系なので、麺にしっかりと絡んで食感と旨味を最大限に味わうことができます。旨辛スープと相性バッチリ。

旨辛スープは体が熱くなる心地よい辛さ

旨辛豚そばを今回は大辛オーダーにしたので、スープは割と真っ赤です。

魚介+動物系スープに旨辛だれが絶妙に混じり合って最高の仕上がり。旨辛豚そばのスープは文字通り旨すぎるので、お腹いっぱいじゃなかったら全部飲み干してしまうくらい好きです。

ただ、今回は「中盛+大辛」と言うこともあり、量と辛さでスープを全て飲み干すのは諦めました。スープ以外を食べ終えた丼を見ると、真っ赤っかなのがわかるかと思います。大辛は思ったより辛いと思いますので、初めて食べる人はまずは小〜中辛を試すことをおすすめします。

今回もごちそうさまでした!おいしかったです。

【麺屋とがし 龍冴】店舗情報

店舗名 麺屋とがし 龍冴
郵便番号 984-0051
住所 宮城県仙台市若林区新寺2丁目1−1 サンシャイン菊平ビル
営業時間 11時30分 〜 14時30分/17時30分 〜 22時(土日は21時まで)
定休日 基本なし
注文方法 食券
その他 契約駐車場あり/店前に自転車を停める人多数
【食レポ】麺屋とがし 龍冴/仙台駅周辺の筆者おすすめのラーメン屋さん

続きを見る

-ラーメン
-, ,

Copyright© 仙台マップ , 2020 All Rights Reserved.