カフェ

Cafe 青山文庫 -本と珈琲とインクの匂い-の紹介【仙台駅周辺のカフェ】

杜の都・仙台にはオシャレなカフェや老舗の喫茶店がたくさんあります。

その中で、今回紹介するのは、「Cafe 青山文庫 -本と珈琲とインクの匂い-」。ビルの5階にあるにも関わらず、多くのお客様でにぎわっています。雰囲気にハマる人が続出中と話題のカフェを早速訪ねてきました。

Cafe 青山文庫 -本と珈琲とインクの匂い-/住所や営業時間

「Cafe 青山文庫 -本と珈琲とインクの匂い-」は、宮城県仙台市青葉区中央2丁目にあります。仙台駅からも近く、ドン・キホーテの向かいにあります。

ビルの1階には「G-SHOCK」の販売店が入っていますので、初訪問の方はG-SHOCKのお店か、「平井スパゲティ」の看板を目印にされることをおすすめします。

期待が高まる入り口です。

今回は混み合っていたため店内の写真はないのですが、店内はアンティーク調で、小さめの窓から光がほのかに差し込み落ち着いた雰囲気を醸し出していました。この日は早めに訪問したので順番待ちの用紙が準備されていなかったのですが、満席になった場合は、写真下にあるボードにお名前などを必要事項を記入して待ちましょう。

青山文庫の店舗情報は下記となります。

店舗名:Cafe 青山文庫 -本と珈琲とインクの匂い-
郵便番号:980-0021
住所:宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-27 ever‐i中央ビル5F
TEL:022-209-5115
営業時間:11:00 ~ 24:00(ラストオーダー23:00)
予約:可
座席数:46席(カウンター8席、テーブル38席)
定休日:無休
注文:席
会計:席(支払いは現金のみ)
駐車場:なし(近隣に有料駐車場あり)

アクセス方法と地図

▼ JR仙台駅から徒歩5分

  • JR「あおば通」駅から徒歩2分
  • 地下鉄南北・東西線「仙台」駅から徒歩4分
  • 地下鉄南北線「広瀬通」駅から徒歩4分
  • 地下鉄東西線「青葉通一番町」駅から徒歩9分

Cafe 青山文庫 -本と珈琲とインクの匂い-/メニュー

Cafe青山文庫は、11:00~24:00までの間、いつでも下記のメニューを注文できますので、ランチタイムに昼食を食べ損ねたビジネスマンをはじめ、買い物途中にちょっと小腹がすいたときにもおすすめです。

▼ ガレットメニュー

  • コンプレット:900円
  • コンプレット シャンピニオン:1,050円
  • プロヴァンサル:1,150円
  • マレシェール:1,150円
  • シシリエンヌ:1,350円

▼ オーブン料理メニュー

  • 焼きカレー:850円
  • 煮込シチューライス:850円
  • 煮込スパゲティ―:850円
  • 焼きグラタン:850円

▼ ドリンク(HOT)メニュー

  • 青山文庫ブレンド:500円
  • コスタリカ:500円
  • パナマ:500円
  • カフェラテ:650円
  • ハニーミルクラテ:700円
  • ナッツコーヒー:650円
  • 珈琲クリームぜんざい:650円
  • ダージリン(ハリオール):550円
  • アッサム(ハリオール):550円
  • アールグレイ(ハリオール)※レモンorミルク:550円
  • ロイヤルミルクティ:650円
  • 豆乳烏龍茶:650円

▼ ドリンク(COLD)メニュー

  • アイスコーヒー:550円
  • アイスウィンナーコーヒー:700円
  • アイスカフェラテ※ミルクor豆乳:650円
  • 珈琲ソーダ:650円
  • アイリッシュコーヒー※アルコール使用:650円
  • 極限のアイスコーヒー:650円
  • 極限のアイスティー:680円
  • ぺリエ:600円
  • きな粉と胡麻と豆乳と:650円
  • 珈琲フラッペカプチーノ:850円
  • 珈琲フロート:800円
  • マザグランコーヒーフロート:650円
  • クリームソーダ:800円

▼ アルコールメニュー

  • パパダイキリ:650円
  • ジンリッキー:650円
  • スクリュードライバー:650円
  • ウォッカトニック:650円
  • シベリアエキスプレス:650円
  • バドワイザー:550円
  • ブラックローズ:650円
  • カルーア豆乳:650円
  • カフェソイミルクオーレ:650円
  • カフェノチェロソイミルク:650円

そのほか、トーストメニューやケーキメニューなどフードもドリンクもメニューは充実していますので、ランチタイム以外にも利用できそうです。イラスト入りのメニュー表には「おすすめ」と記載がありますので、たくさん種類があると迷ってしまい選ぶのに時間がかかるという方でも大丈夫そうですね。

今回はおすすめ「ガレット」と「コーヒー」を注文

11時半頃に訪問したので待ち時間もなくすぐに窓際の席を案内されましたが、すでに店内は満席状態でした。席に着くとすぐに店員さんがメニュー表とレモンウォーターを持ってきてくれました。

輪切りのレモンが入っているレモンウォーターは、さっぱりしていておいしかったです。

おいしいお冷を頂きながらどれを注文しようかメニューを見ました。メニュー表はたくさんあったので一部をご紹介します。

メニューはイラスト入りで説明します。これならアレルギーで食べられないものを事前にチェックできるので安心ですね。

男性陣に人気のメニューのようです。隣の男子たちも美味しそうにほおばっていました。

女子たちが楽しそうに食べていたシフォンケーキのメニューです。別腹に収まるか心配なくらいけっこうなボリュームでした。

ドリンクのメニューも充実していました。暑い日でしたので冷たいドリンクも気になりました。

季節限定のおすすめメニューもありました。こちらを注文している女子も多かったです。

悩んだ末に注文したのは、ガレットの「シシリエンヌ」と、コーヒーの「青山文庫ブレンド」です。たくさんあるメニューの中から「おすすめ」マークを頼りに注文しました。

注文時に店員さんが「少々お時間がかかるかもしれません」とのことでしたが、約15分でガレットが到着しました。一声いただけるのはとても好感がもてます。

お皿からややはみ出すくらい大きくて食べ応えがありました。

端の部分はカリカリした食感で、具材が混ざっている箇所はもちもちした食感の生地は最後までおいしくいただけました。具材はエビとセミドライトマト、スモークサーモンがごろごろ入っていたほか、モッツァレラチーズやチェダーチーズなどのチーズがふんだんに入っていてました。

バジルソースも程よいアクセントになり、どんどん箸(フォークとナイフ)が進みました。

ガレットの次は食後のコーヒーです。

さすがおすすめコーヒーです。すっきりした飲み口で、コーヒーの香りや苦み、酸味がバランスよく調和されていて飲みやすかったです。店員さんに「おかわりが150円です」と案内されましたが、量はたっぷりなので1杯で充分満足しました。

でも、手頃な価格でおかわりができるのは、うれしいサービスですよね。

せっかくなので、ミルクと砂糖を入れてみました。たっぷり入っていると味の変化も楽しめますね。

店内にはコーヒー豆も売っていました。おうちでゆっくり楽しみたい方はぜひ。

12時半頃お店を出たのですが、そのころには20人くらいのお客様が廊下で待っていました。やはりランチタイムど真ん中はとても混むようです。

窓際の席からの眺めは最高

ビル5階にあるので、窓際の席からは外の景色が楽しめます。ぼーっとしたり、考え事をしたりするのはもちろん、夜景を見ながらゆっくりと過ごすのも楽しそうです。

アーケードを行き交う人たちの様子が見えます。人間観察が好きな方におすすめです。

仙台駅側の交差点もばっちり見えます。さくら野跡地やその向かいのビルの活用が気になりますね。

「文庫」と名がつくだけあって窓際にはびっしりと文庫本が並んでいました。ついつい手に取って読んでしまいました。続きが気になるので早めに再訪問したいと思いました。

みなさまの仙台にお越しの際は一度、「Cafe 青山文庫 -本と珈琲とインクの匂い-」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

-カフェ
-,

Copyright© 仙台マップ , 2020 All Rights Reserved.